ウォーターサーバーのメンテナンスと清掃

ウォーターサーバーのメンテナンスと清掃 ウォーターサーバーを導入する以前に、ウォーターサーバーは実際にどのようなお手入れ・メンテナンスが必要かということも勉強する必要があります。毎日使用するウォーターサーバーは、設置したまま放置という考え方は正しくありません。私達が、口にするお水を入れておく機器です。料理や飲み水に利用する場合、衛生面の問題をしっかり考える必要があります。ウォーターサーバーのメーカーでは、 年単位でメンテナンスサービスを行っているところもありますので、そのようなメーカーのウォーターサーバーの選択も考えてみましょう。

メーカーがウォーターサーバーのメンテナンスを行ってくれれば、ウォーターサーバーを導入した人たちは他に何もしなくていいと考えてしまうかもしれません。 メーカーによって、普段キレイにすることができない機器の内側や部品の細かい部分の汚れなどをキレイにしてくれるかもしれませんが、毎日の手入れはメーカーに任せることはできず、それぞれの家庭でしなければならないことです。ウォーターサーバーの正しい使い方として、こまめな手入れはできる範囲で行い、あとはメーカーのメンテナンスにお任せする方法があります。では、自分で行うウォーターサーバーの手入れは、どこまですればいいのかをお話しします。

水しか出ないウォーターサーバーもあるようですが、水だけでも、放置しておけば細菌が発生してしまうものです。水には更に水あかやぬめりがついてしまうリスクもあります。塩素消毒など添加物のない水を飲んでいるというのに、きちんと手入れをしないと細菌や汚れが水に混入する事態が簡単に起こってしまうのです。

いつでも安心してウォーターサーバーを利用できるようにするため、蛇口付近は毎日、手入れをするように心掛けてください。蛇口部分は、最終的にお水が触れる部分であり、コップなどの食器が触れやすい場所です。日々こまめに水気、汚れをふき取って、できれば台所用アルコールで消毒するような気持ちを持っていたいものです。

次に意識しなければならない清掃部分は、蛇口の下にある受け皿です。ウォーターサーバーの水が直接触れる場所とは言えないかもしれませんが、やっぱり清潔のモチベーションを持っていたい場所です。蛇口から落ちた水が受け皿に溜まって、 そこで細菌が発生したら、ぬめりがついてしまうことになります。取り外して台所用の洗剤などで定期的に洗う意識をもつようにしてください。

最新ニュース